あなたのキャリアアップと資格取得を手助けする総合情報サイト

>

キャリアアップと資格取得を全面サポート

職種から見た資格の取得

自分の可能性を伸ばし、自分のポテンシャルを最大限に引き出すためには、資格取得も自分の目指す職種という点から考えるべきですね。職種もなんでもよいのではなくて、自分に適したものを考えてみることが大切です。自分に向いている職種を知ることが、キャリア形成の基本です。

ただし組織の中では、配属先を決めるのは組織ですから、必ずしも自分の思い通りにはなりませんね。そんな時にも、自分が配属されたい部署にとって役に立つ資格を持っているということは、自分の希望を通すのに有利ですね。例えば財務や会計の部署でしたら、会計士の資格などです。

組織が本人の気づいていない適性を見出して、配属してくれることもありますから、人事異動も経験してみる価値はあると思ってやってみるべきですね。

キャリアアップ=転職か?

キャリアアップというのは、自分の希望や夢を実現するために、自分のポテンシャルを伸ばしてゆくことですね、現在の組織の中で自分のポテンシャルを伸ばせるようでしたら、しいて転職する必要はありません。そのまま今の組織の中で自分のポテンシャルを伸ばすこともできます。

しかし自分が配属された部署にあっていないと思うようでしたら、人事や上司に移動を申し出るべきですね。それができない場合には、無理にしがみつくこともなく、転職も視野に入れて考えるべきでしょう。

自分が伸ばしてゆきたいポテンシャルは何か、何を人生で実現したいかという長期的でグローバルな視点で考えることが大切になってきます。そうすればキャリアアップ=転職以外のものが見えてきますね。


この記事をシェアする

トップへもどる